本文へスキップ

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科橋研究室

免震構造物 Base-isolated Structure

研究概要 Abstract

  • 構造物に作用する地震動の特性や、制御対象となる建物、制御装置の特性を考慮することで、特性の異なる幅広い振幅レベルの地震に対して制御可能な制御系の確立
  • ニューラルネットワークを用いた、地震動の非定常性に対応し、かつ、地震動の種類によらず制御性能を確保可能な制御系設計
  • 緊急地震速報などから得られる地震動の特徴(地域性、揺れの大きさなど)を考慮したセミアクティブ制御手法
 

研究成果 Publication

  • 刊行論文
  1. 福喜多輝,橋正樹,地震の震源域と揺れの大きさを考慮したシステムの応答評価に基づくセミアクティブ免震,日本機械学会論文集C編,Vol.75, No.759, (2009-11), pp.2917-2925.
  2. 福喜多輝,橋正樹,吉田和夫,システムの応答評価に基づく減衰係数切り替え型ダンパを用いたセミアクティブ免震,日本機械学会論文集C編,Vol. 75, No. 752, (2009-4), pp.865-873.
  • 国際会議発表
  1. Akira Fukukita and Masaki Takahashi, Semi-Active Control for Isolated Structure Based on Response Evaluator of System Respected to the Regional Characteristics and Ground Motion of Earthquake, The 10th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC 2010), Institute of Industrial Science, University of Tokyo, Japan, August 17-20, 2010, CD-ROM Proceedings (1A22).
  2. Akira Fukukita and Masaki Takahashi, Semi-Active Control for Isolated Structure using Variable Damping Device Based on Response Evaluator of Building Response, 5WCSCM(Fifth World Conference on Structural Control and Monitoring), Keio Plaza Hotel, Shinjuku, Tokyo, Japan, July 12-14, 2010, CD-ROM Proceedings (5WCSCM-10060).
  • 国内会議発表
  1. 福喜多輝,橋正樹,地震動の特性を考慮した免震建物の応答評価に基づくセミアクティブ制御,Dynamics and Design Conference 2010(D&D2010),京都,(2010-0914-0918)
  2. 福喜多輝,橋正樹,地震の震源域と揺れの大きさを考慮したシステムの応答評価に基づくセミアクティブ免震,第11回「運動と振動の制御」シンポジウム(MoViC2009),福岡,(2009-0902-0904), C20.
  3. 福喜多輝,橋正樹,システムの応答評価に基づく減衰係数切り替え制御によるセミアクティブ免震,2009年度日本建築学会学術講演会,仙台,(2009-0826-0829), 21438.
  4. 福喜多輝,橋正樹,吉田和夫,システムの応答評価に基づく減衰可変型ダンパを用いたセミアクティブ免震,第51回自動制御連合講演会講演論文集, 山形, (2008-11)(1011), pp.598-603.

慶應義塾大学理工学部
システムデザイン工学科
高橋研究室
高橋研究室

〒223-8522
神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
TEL 045-563-1141(内線43121)
FAX 045-566-1660
E-mail: